LED導光板

LED導光板とは?

導光板=薄型の発光パネル(LGP:Light Guiding Panel)です。
現在の液晶テレビにも使われている技術で、透明アクリルに特殊な印刷加工やレーザー加工を施し、
アクリルの厚みのある方向から光を入れることにより盤面が均一な明るさで見えるという技術です。
弊社は導光板を使った照明のパイオニアであり、照明全般のコンサルティングを可能としています。
導光板にはLEDを組み合わせることにより、省電力・超寿命を実現。
最薄5~6mmで均一に光を放つLED導光板を使った様々な商品を開発します。

LED導光板の特長

1、やさしい光

導光板照明は導光板の側面から入射したLEDの光を拡散反射させます。
均質な光を放射するためLED特有の点光源によるまぶしさがなく、「柔らかくてやさしい光」を実現します。

2、省エネで経済的

光源はLEDのため消費電力を抑えることができ、ランニングコストを低減できます。
環境にもやさしい、エコロジーな灯りです。

3、薄型・省スペース

導光板の魅力は何と言っても薄さです。照明器具のフレームも入れつつ薄型に設計できます。
明るさを十分に満たしながら天井面をスマートに見せる空間演出が可能です。
有限スペースでも導光板なら薄く有効スペースが作りやすく、臨機応変に対応することができます。

4、自由なサイズ

店舗用の小サイズはもちろん、スーパーや大型ショッピングモールの壁面にも設置可能です。
マンション屋上などの大型サイズの製造もおまかせください。

LED導光板製作の流れについて

STEP1 お打ち合わせ(ヒアリング)

ワイ・エス・エムは導光板ユニットの設計・製作・取り付けまでワンストップで対応します。

製作をご希望の場合、どのような場所に取り付けられるのか?
取り付けた場所にはどのように配線を持ってくるご予定か?
電源を配置できる場所はあるか? など……。
詳しくヒアリングし、ワイ・エス・エムが実現可能なご提案をご用意させていただきます。

STEP2 設計

CG画像やラフ等がございましたら参考に設計図を制作します。
実現可能な形になるよう配慮し設計致します。

STEP3 加工

設計図をお客様にご確認いただきます。ご了承いただいた上で加工に入ります。
ワイ・エス・エムにて加工~製作~納品までおこないます。

STEP4 設置・取り付け

取り付けるのは金具が必要な場合には、「こんな金具を作ればいいのではないか?」などの提案もおこないます。
配線もお客様に簡単におこなえるようコネクタなどを用いお客様に合わせた取り扱い説明書もお渡しします。
もちろん点灯検査ファイルも制作してお渡し致します。
すべてのお客様にご満足いただけるよう、社員一同努力致します。

STEP5 アフターサポート

1年間の保証が付きます。
修理・アフターメンテナンスも対応致します(※修理費有償)。

ご相談・お見積りのご依頼は下記のフォームよりお願い致します。

LED導光板制作例

LED導光板家具

店舗の華やかな演出に

放射熱の関係で、今まで食品関係には光る家具は使いにくかったと思いますが、
LEDの登場により放射熱がごく少ないため様々な演出ができます。
食品の演出以外にもファッション・ジュエリー関連、飲食店など店舗の華やかな演出に、
LED導光板は家具との相性が抜群です。お気軽にご相談ください。

Jump to top of page