LED導光板照明

一般ランプと導光板照明の違い

私達が特に得意としているものが、LED導光板照明という非常に薄型な面発光パネルです。

照明は一般的にランプのイメージをみせないように設計されます。ただ、ランプと拡散板の距離が近いとランプイメージは見えてしまいます。ランプと拡散板を遠く離せば見えなくなりますが、厚みがでてしまい空間に無駄が出来てしまいます。

そこをLED導光板照明を使うと1cmほどの厚みでランプイメージが消えた均一な光を作ることが出来ます。

特に観光列車や、船舶、バスなど乗り物に多く当社のLED導光板照明はよく使われます。なぜなら乗り物は建築などに比べスペースが有限だからです。

できるだけコンパクトで効果的な照明を求められるわけです。

オリンピアドリーム瀬戸

フェルヴェール富山駅

LED導光板照明の灯りは、そこまで強いものではありませんが、柔らかく優しい光を放ちます。

調光や、調色、そしてRGBのLEDを使えば様々なカラーに演出するといったオーダーも対応できます。

当社の得意なロットは1台からになります。

 

YSMとは

私達の強みはイメージ図から完成品までをワンストップでお届けできるところです。

そして何より適正な価格、短納期を目指し取り組んでいますので、お気軽にお問い合わせください。

試作は1台から、量産まで希望に合わせ製作していきます。特注照明、導光板のこともお任せください!

“ひとときを作る照明”をコンセプトにした自社ブランド「Y.S.M PRODUCTS」もよろしくお願い致します。

『ひとときをつくるモノづくり

YSM アイコンをクリックするとホームページにいけます。

リニューアルしたホームページ、是非ご覧ください!

株式会社ワイ・エス・エムへ

Jump to top of page