MAISON&OBJECT2019

気づいたら半年あけてしまったブログ。

この半年の間に2019年になり、平成~令和へと年号が変わりました。

そして私達の会社も色々な仕事をして、色々な出来事がありました。

今日はそんな出来事の1つ。1月に行ったMAISON&OBJETについて書いてみようと思います。

MAISON&OBJECTについて

MAISON&OBJECTとはフランスのパリで行われる欧州最大級のインテリア・デザイン関連見本市で1月、9月と年2回開催されます。

私達は2019年1月展に初出展しました。

前途多難

スタッフの家族がインフルエンザで社員が来れなくなりそうになったり、展示商品を入れたバッグが全部ロストバゲージしちゃうし、と展示会始まる前から色々ありました。

メンバーは社員1名、商品を開発したデザイナー2組3名、支援機関から2名、そして私と日本からは7名、現地で通訳さんが1名ついたので合計8名のチーム編成です。

ブース製作

スタッフの人数も多かった点、経費削減のため、ブースもみんなで力を合わせて作りました。材料はパリのホームセンターで購入しました。

実は壁と床は作られているはずだったのですが、手配ミスで作られておりませんでした。

ブース

空っぽのブース。

ブース2

ブースのペンキ塗り。

完成したブースがこちらです。

成果

5日間あった展示会ですが、いくつかの販売店や代理店とオーダーを交わすことができました。

絶対に1件は成果を上げるという目標を掲げていたので、それはクリアしました。

 

 

終わっての感想

MAISON&OBJETを通して、世界中の人に私達の商品が喜んでもらえるという実感ができ、ものづくりに会社の大きさや規模なんて関係なく、自分たちがしっかりと自信てる商品を開発し、そして一歩外へ踏み出す勇気を持てば世界は変わる。

そんなことがわかった展示会でした。来年も絶対に戻ってこようとみんなで話し合い、先日2020年のエントリーも済ませました。

そしてここでの出会いが、聞いたことがないようなご縁に繋がっていくのですがそれはまた別の機会に。

Jump to top of page