LED導光板・LED電照板のパイオニア。東京都・埼玉県で面発光の光空間演出ならワイ・エス・エム

導光板について

  • HOME »
  • 導光板について

導光板について

導光板とは?

現在の液晶テレビなどでも使われている技術で、透明アクリルに特殊な印刷加工を行い、そのアクリルの厚み方向から光を入れることにより、盤面が均一な明るさで見えるという技術になります。

一般的に盤面を均一な明るさで光らせるにはLEDを使う場合、乳白色のアクリルから10cm程度離すことで盤面を均一な明るさで見せることができます。

ただ10cmの厚みがどうしても出てしまうのが難点でありました。LED導光板を使うと1cm程度で均一な明るさの面発行をさせることができます。

導光板の特長

1、目に優しい光
導光板照明は、導光板の側面から入射したLEDの光が拡散反射して、均質な光を放射するため、LED特有の点光源によるまぶしさがなく、目に優しい光を実現しています。
2、省エネで経済的
光源はLEDのため、消費電力を抑えることができ、ランニングコストを低減できます。環境にもやさしい、エコロジーな灯りです。
3、薄型の省スペース
導光板は薄く、照明器具のフレームを入れても薄型設計が出来、明るさを十分に満たしながら、天井面をスマートに見せる空間演出が可能です。
4、自由なサイズ
店舗の小サイズはもちろん、スーパーや大型ショッピングモールの壁面やマンション屋上などの大型サイズの製造も可能です。
5、長寿命
従来の蛍光灯に比べると明るさが長持ちし(推定寿命40,000時間)メンテナンスコストも大幅に削減できます。
PAGETOP
Copyright © 株式会社ワイ・エス・エム All Rights Reserved.